切手コレクションの趣味について

楽しい趣味の切手収集について

切手の使い道は単に物を送ったり、郵便の料金として使うだけではありません。
通常切手や記念切手などに使われている図案はかなり美しく、美的価値の高いものばかりです。そんな価値の高い切手を収集すれば、美しい図案がいつでも眺められるので、切手収集は美術品を鑑賞するのと同じような感覚の趣味です。切手の図案は有名な画家がデザインしていたり、国内外で知名度のあるデザイナーが手がけているケースも多いので、見ているだけでも飽きることはありません。販売された時期によって通常切手でもデザインが変わってきますから、切手収集をぜひはじめて、実益を兼ねた趣味として楽しんでみましょう。コレクションは簡単に手に入るのでいつでも始められます。

切手の保管に気を使えば価値は高くなる

収集した切手はその保管に気を配ってさえいれば、価値を保ったまま保管し続けられます。
まず指紋がつかないように切手専用のピンセットで扱ったり、手袋を着用のうえコレクションの管理をしていれば、手垢が付くことも無いので、劣化が避けられます。またホコリや湿気から守るために、切手専用のバインダーに閉じておくことで、切手そのものの品質の劣化を防ぐことができます。切手収集でそのコレクションの良し悪しを左右するのは、切手の状態などでも左右されますから、これからコレクションを始めてみようと考えた方は、まず最初にバインダーを買って、その中に切手を保管しておきましょう。切手の保管場所にこだわるのは、収集趣味では常識です。